自治体からの補助金制度

トップ > 自治体からの補助金制度

おかげさまで太陽光パネルとオール電化の取り付けた工事の件数が5000件を超えました。 お客様から沢山の新しいお客様を紹介頂きクチコミで広がっています。九州電力社長賞を受賞!当社の施工事例や詳細はコチラです。

太陽光発電導入時の自治体からの補助金制度について

太陽光発電を導入する際、補助金が出ることをご存知でしょうか。
太陽光発電を普及させることは今や国の需要課題で、補助金は国と地方自治体、それぞれから出るシステムになっています。
国では太陽光パネルを設置する際の補助と、実際に太陽光発電で作った電気を売るさいの買い取り額に補助をしてくれ、それは一定額を提示しています。
ところが自治体からの補助金制度はそれぞれの地域で太陽光発電を設置する際の補助金のシステムが変わってきます。
例えば東京であれば27の自治体がありますが、その27の自治体それぞれに違った補助金の制度があるわけです。
ここで気を付けることが、補助金については自分で確実に、自身の自治体に補助金の確認を取る、ということです。
多くの人は営業マンに太陽光発電導入についての情報や、それに付随した手続きなどについて教えてもらいます。
やはり営業マンとしては少しでも安く設置できた方がお客様に喜んでいただけることから、補助金の話もきちんと伝えてきます。
ところが営業マンは、そのお客様の地区ばかりを担当しているわけではありません。
場合によっては複数の地区を担当し、お客様に誤解を与える場合があるかもしれないことを念頭に置くべきです。
また補助金には締切があります。
福岡市の場合は1件につき10万円が補助されます。受付期間は平成24年4月1日から開始され終了は未定です。
特に国からの電力の買い取りに関しては、年々その額が少なくなっていくシステムです。
多くの補助金をうけようと思えば、早いうちに導入を検討されることをお勧めします。

太陽光パネル販売の信頼と実績

お問い合わせ

更新情報

当社に関心のあるお客様は気軽にご連絡下さい

ページ上に戻る