震災と太陽光発電

トップ > 震災と太陽光発電

おかげさまで太陽光パネルとオール電化の取り付けた工事の件数が5000件を超えました。 お客様から沢山の新しいお客様を紹介頂きクチコミで広がっています。九州電力社長賞を受賞!当社の施工事例や詳細はコチラです。

太陽光発電の今後の可能性について

先の東日本大震災以降、太陽光発電に対する注目度は一層高まっています。
特に皆さんもご存知かとは思いますが、先の震災では原子力発電所が重篤な被害を受けて、現在でも復旧がままならない状態にありますから、こういった状況を見るにつけ人々が環境に優しいクリーンなエネルギーとして太陽光発電をより推進していくべきだと考えるのは、極めて当然であると言えるでしょう。
また近年になって地球温暖化防止を推進するために、国や各自治体でも様々な補助金制度を導入して先行投資にかかる費用を少しでも抑えられるようにしたり、各電力会社が余剰電力の買取価格を上げるなどして、より短期間で設置者が導入コストを回収できるようにするための方策に力を入れて、更なる導入率の向上に努めています。
太陽の光というのは化石燃料などと違い、ほぼ無限といって過言で無いぐらいに日々地球に降り注いでいる資源ですから、コレを生かさない手はありませんよね。
また最近ではオール電化住宅が非常に増えてきていますが、太陽光発電はこのオール電化との相性も凄くイイんです。
また自家発電が可能なので、今後もしお住まいの地域で東日本大震災のように巨大地震に見舞われる事があったとしても、周囲が電気を使えない生活を強いられている中で電力を使えるというメリットもあります。
特に関東圏では今後近い将来巨大地震が発生するリスクは極めて高いと言われていますから、この地域にお住まいの皆さんは被災時に苦労を強いられずに済むように、ぜひ今のうちから太陽光発電パネルをご自宅の屋根に設置しておかれた方が良いでしょう。

太陽光パネル販売の信頼と実績

お問い合わせ

更新情報

当社に関心のあるお客様は気軽にご連絡下さい

ページ上に戻る