初期費用

トップ > 初期費用

おかげさまで太陽光パネルとオール電化の取り付けた工事の件数が5000件を超えました。 お客様から沢山の新しいお客様を紹介頂きクチコミで広がっています。九州電力社長賞を受賞!当社の施工事例や詳細はコチラです。

太陽光発電を導入するときの初期費用

太陽光発電を導入する際は、ある程度の初期費用がまずかかります。
この初期費用はソーラパネルの設置容量や設置条件などでその費用が色々と変わってきますが、大まかな費用の目安としてはその太陽光発電システムが3kw程度のものであれば約160万円で、4kw程度のものであれば約200万円かかってくるとされています。
設置条件による費用の違いというのは例えば、屋根の形状がシンプルな切妻屋根の場合だと、設置費用も比較的安くなりますが、屋根が幾重にも連なっているような場合だと、その設置費用は割高になります。
また新築である場合は電気工事などが基本坪単価に含まれていることから、リフォームで太陽光発電を導入する場合と比べて料金が割安になります。
初期費用の内訳としては太陽光発電システムの設置費用と、太陽光発電に必要な関連機器等の費用と、太陽光発電システムを実際に使えるようにするための手続き費用がおもに挙げられます。
設置工事費用は解体工事や仮設電気の設置の際の仮設工事なども含まれます。
太陽光発電に必要な関連機器というのは、太陽電池モジュールやパワーコンディショナー、接続ケーブル、売電用メーターなどがあり、これらはすべて工事の依頼主が負担することになります。
手続きは2万円ほどかかりますが、これは工事をする業者が代行して行ってくれるそうです。
太陽光発電を導入する際には、このような初期費用の内訳をしっかりと念頭に入れておくようにし、実際に太陽光発電の導入費用を見積もった際に、それが適正な費用かどうか大まかに把握できるようにしておくと良いですね。

太陽光パネル販売の信頼と実績

お問い合わせ

更新情報

当社に関心のあるお客様は気軽にご連絡下さい

ページ上に戻る