太陽光発電の近況

トップ > 太陽光発電の近況

おかげさまで太陽光パネルとオール電化の取り付けた工事の件数が5000件を超えました。 お客様から沢山の新しいお客様を紹介頂きクチコミで広がっています。九州電力社長賞を受賞!当社の施工事例や詳細はコチラです。

国内における太陽光発電の近況

太陽光発電については、今までは、日本は世界の最先端を走っていたのですが、4〜5年前から、ドイツにぬかれ、また今では、中国にも抜かれて、最先端ではなくなってしまいました。
しかしこの原因は、日本の太陽光発電の、性能が悪いとか、システムが悪いのではなく、品質はいいのですが、行政の補助が遅れたのが、全ての原因であり、その結果として、ドイツに抜かれあたり、中国に抜かれたりしてしまいました。
本来、太陽光発電は、自然エネルギーを活用しますので、環境を破壊することは全くなく、今あるエネルギーの中では、理想的なエネルギーだといわれています。
だ、その設備をするのには、あまりにも高額で、電気代との比較で、なかなか、太陽光に変える決心がつかなかったのです。
これはドイツも同じでしたが、ドイツは世界に先駆けて、政府の補助を出したのです。
これで日本は、ドイツに抜かれたのです。
太陽光発電は、メリットがたくさんある理想的な、循環型エネルギーなのです。
日本もやっと、先日、行政が動いて、ドイツと同じような、買い取り制度を決めました。
これでやっとドイツと同じようになり、これからは、太陽光発電の設備をするところが多くなってくると思います。
これが、一般化すると、地球の環境問題に関係のないエネルギーが、たくさん確保出来ることになり、自然破壊の一端がストップして、地球温暖化の問題も、少しはその悪化のスピードが改善され、後世にも良い地球が残せるのではないかと、思っています。

太陽光パネル販売の信頼と実績

お問い合わせ

更新情報

当社に関心のあるお客様は気軽にご連絡下さい

ページ上に戻る