太陽光は何年で元が取れるか?

トップ > 太陽光は何年で元が取れるか?

おかげさまで太陽光パネルとオール電化の取り付けた工事の件数が5000件を超えました。 お客様から沢山の新しいお客様を紹介頂きクチコミで広がっています。九州電力社長賞を受賞!当社の施工事例や詳細はコチラです。

太陽光発電を導入するにあたって必要になった経費 元が取れるのに必要な年数は?

太陽光発電を導入すると、自分で電気を供給できるようになるので電気代を安く済ませられるようにはなります。
でも、それを導入するだけでも、初期にかなりの費用が必要になります。
太陽光発電を実施する際に取り付ける本体の価格や、その取り付け費用など。
それらを総合して、では実際いつ頃になったら、元が取れるようになるのかをちょっと調べてみました。

・太陽光発電システム本体の価格が下がってきている
・平成24年から国からの補助金が交付されるようになった(1kwあたり30,000円)
・電気を売る際の買取価格が高めの設定になった
・パワーコンディショナーの取り替えは約10年に1回となっている

住んでいるエリアによって、電気代が異なってくるし、太陽光発電のメンテナンスにかける費用各家庭で異なるので、一概には言えませんが、できる限り、売電単価が高いうちに、太陽光発電を取り付けたとして、取り付けから約10年ほどで元はとれるようです。
10年で元が取れるのだったら、一戸建てなど、環境の整っている住まいでは、どんどんと導入していくべきですよね。
私は愛知県に住んでいるので、愛知県での場合を想定して計算してみました。
東京も大阪もほぼ同じでしたが、やはり10年前後で元はとれるようです。
10年で元がとれた先では、定期的にメンテナンスの費用がかかるということ以外、大きな必要経費もないですし、なによりも電気代をかなり節約できて、かなり経済的な生活ができそうです。

太陽光パネル販売の信頼と実績

お問い合わせ

更新情報

当社に関心のあるお客様は気軽にご連絡下さい

ページ上に戻る