家庭用太陽光システムの耐用年数

トップ > 家庭用太陽光システムの耐用年数

おかげさまで太陽光パネルとオール電化の取り付けた工事の件数が5000件を超えました。 お客様から沢山の新しいお客様を紹介頂きクチコミで広がっています。九州電力社長賞を受賞!当社の施工事例や詳細はコチラです。

なんとなく知っておきたい太陽光発電が使える耐用年数

知る事が役立つ知識の取得に関わる太陽光発電が使える耐用年数に関して、これを自宅に導入してからほぼ全ての設備がどれくらいもつかを考えてみましょう。
パワーコンディショナー等はほぼ10年前後で交換が普通ですし、売電メーター等も10年で交換が法律で義務付けられているので、トータルで見るとかなりの出費になる事がわかります。
ただ、電気を自宅で作り、それを売る事ができるようになったのは大きな進歩で、願わくばこの費用が軽減される事が望まれます。
個別の機械に設定されているもつ期間は、おおよその目安ですが、ソーラーパネル自体は半永久的ともいえる使い勝手の良さを誇ります。
太陽光発電が使える耐用年数は部分ごとに見ていくと、10年スパンともいえて、その時期に交換あるいは新しい物を導入する事になるのが決まりです。
この点から見るとまだ法律的にも整っていない部分が多く、私たちが導入するには敷居が高いかなと感じる面は多いです。
しかし、現行の発電設備を用いていても、10年も経てば新しいテクノロジーが必ずや開発され、今よりもコンパクトで耐久性に優れている設備が安価な価格で導入可能になっている可能性はあります。
これは、現行の設備を持っていればスムーズに導入できるようになる等の措置がとられれば、比較的多くの家庭で発電設備が導入され、社会全体でエコかつクリーンな形で電気を作り出す事ができると思えます。
とても大事な一面を持っています。

太陽光パネル販売の信頼と実績

お問い合わせ

更新情報

当社に関心のあるお客様は気軽にご連絡下さい

ページ上に戻る